ロゴ
HOME>特集>電気代オフ!太陽光パネルを導入して電力をつくろう

電気代オフ!太陽光パネルを導入して電力をつくろう

ソーラーパネル

太陽光パネル導入工事の特徴

電気代を節約するなど、売電収入を得られるように住宅やお店の屋根など、空いているスペースを有効活用して、太陽光パネルを設置する方もいます。パネルの日常的な手入れは特に必要なく、メーカーによって、十年、二十年などの長期の性能保証があるため、コストパフォーマンスにも優れています。太陽光パネル導入工事は、建物の屋根に設置する場合でも、高い樹木や電線で影ができる事があり、その影響を最小限に抑えるために業者が導入工事を進めてくれるのが特徴です。太陽光パネルは、特殊な場所でない限り、短時間で設置できますし、施工保障も用意されているため、万が一の施工ミスにも無償修理を行ってもらえます。安心して長く太陽光パネルを使えるように、竣工検査をきちんと行う業者を見つけ、品質管理も徹底されていると安心できます。

家

太陽光パネル設置の流れ

業者に依頼して、太陽光パネル設置を進める前に、設置を検討する場所の日当たりを確認することが必要です。地域によって、日射量が異なりますし、周りに高い建物があると影ができてしまう事があるため、設置した時の発電量を予測することをおすすめします。設置場所に問題がなければ、業者に見積もりを出してもらい、費用の比較を進めるだけなく、施工後のアフターケアの確認をする事も大切です。住宅の屋根に太陽光パネルを設置する工事など、ほとんどの設置工事が一日で完了するため、配電工事を済ませれば、すぐに使えます。太陽光発電は、天気や季節によって、電力が少なくなることも考えられるため、発電前に電力会社と契約をする事も重要になります。